庭に蜂を見かけた時は

家の近くで蜂が飛んでいる時は蜂が家に巣を作っている可能性が高いです。よって、蜂を見かけたら蜂駆除を行ないましょう。

蜂駆除業者からのアドバイス


蜂を見かけた時はどうしたらいいですか?

まずは、蜂駆除業者へ連絡しましょう。そして周囲に蜂の巣が無いかどうかを確認しましょう。この時、軒先だけではなく茂みなどにも注意しなければなりません。蜂の中でも特に危険なスズメバチは、土中に巣を作ることもあります。そのため、巣に気づかず茂みに近づき、襲われてしまうケースは非常に多いです。実際に、スズメバチに刺されて命を落とした人は巣に気づかなかったことが原因で刺されていることが多いです。
蜂に刺されないようにするにはどうしたらいいですか?

一番確実なのは蜂駆除業者が駆除作業を行なうまで、蜂や巣に近づかないことです。巣に近づくと敵と判断され、攻撃を受けてしまいます。また、食べ物やジュースの臭いに反応して蜂がやってくることもあるので、自宅に蜂の巣がある時にバーベキューを行なうとやや危険です。また、香水の匂いも同様なので注意しましょう。他にも、昼間に黒い服を着ているとスズメバチは警戒して威嚇してくるので注意しましょう。
駆除を依頼する前に何かしないといけないことはありますか?

蜂駆除作業では最初に蜂の種類と蜂の巣の状態のチェックを行ないます。そのため事前に蜂の巣の形やサイズ、場所などを確認し、駆除業者に連絡しておくとスムーズに作業を進めることが出来ます。なお、蜂の種類に関しては基本的に、アシナガバチかスズメバチであることが多く、見分け方は巣の形状を見れば知ることができます。スズメバチの巣の場合、は巣がボール状のためすぐに見分けがつきます。

まとめ

蜂の巣

蜂の種類や巣をチェックする上で重要なのは、近づかないということです。このことを理解していれば襲われるリスクは大幅に減ります。また、近づくことが怖いのであれば双眼鏡などでチェックすれば遠くから観察でき、安心感が増します。

スズメバチを退治するだけでは意味が無い

スズメバチというのは、飛んでいる蜂を全て駆除すればそれで駆除が終わりというわけではありません。巣を撤去しなければ本当に駆除したとは言えないのです。巣の中にはまだたくさんのスズメバチがいて蜂の子が成虫になることもありますそうなった結果、また家の周りでスズメバチが飛び交うことになってしまいます。そうなっては意味がありません。そのため根本的な問題を解決するためには蜂の巣の駆除と撤去も行なわなければならないのです。

楽しいイベントも油断できない

楽しいバーベキューの際にも蜂にご注意!(蜂駆除業者)

バーベキュー時には蜂に注意しなければなりません。具体的に説明しますと、ジュースやビールのアルコールや糖分はスズメバチにとっても非常にありがたいものであり、飲み残しに潜り込んでいるケースもあります。そのため、気づかずに飲んで口付近を刺されてしまう恐れがあるのです。またバーベキュー時はワイワイ騒いでしまいがちなので、蜂が近づいてくる羽音に気づくのが遅れてしまう、ということも少なくありません。

TOPボタン