蜂駆除業者はこのようにして駆除を行なう

蜂駆除のエキスパートである駆除業者は個人で行なうよりも効率的かつスムーズに駆除を行ないます。

巣の駆除は夜に行なう

スズメバチは、夜になると巣に戻って眠りにつきます。この時に巣ごと撤去すれば一度に一網打尽にすることができます。逆に昼頃に行なうと、近づくだけで襲い掛かって来ますし、遠出から戻ってきた蜂は巣が無いことでパニックを起こし、人に襲いかかってきます。

防護服を着た状態でスズメバチの巣の近くで待機

スズメバチは、未知のものが近づくと警戒し、威嚇行動をしてきます。しかし、長時間その場に待機することで蜂は次第にその存在に慣れ、警戒を解いていきます。警戒を解いたその時が駆除のチャンスなのです。

巣の出入り口を塞いでから駆除を行なう

巣ごと駆除する時は、まず出入り口を塞いでから内部に殺虫剤を噴霧します。理由は巣から脱出した蜂が報復で襲い掛かってくるリスクを無くすためです。なお、蜂の巣というのはサイズに関わらず出口は一つだけです。

水で蜂の巣を壊すことは可能!・・・しかし注意も必要(蜂駆除のプロ)

ユニークな巣の駆除方法として、放水して巣を破壊するという方法があります。スズメバチの巣というのは木材や葉の繊維などを蜂の唾液で固め、成形したものです。そのため、勢いの強い水によって溶けますし、簡単に破壊できます。しかし、巣は破壊できますが、中にいる蜂は駆除しきれないため大変危険です。よって、放水で破壊しようと思うのなら注意が必要です。

TOPボタン